新着情報

空調設備の新型コロナウイルス感染対策

2020年10月20日 2020年3月9日に、厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策専門会議は
集団感染リスクの高くなる要因として、3つの「密」(=密接・密集・密閉)を挙げ
WHOもこれまでの方針を転換し、2020年7月には、日本の「3つの密を避けましょう」を訳した
“Avoid the 3Cs”を新型コロナ感染対策として推奨しています。


これまでに得られている知見から、感染者が発したウイルスを含むエアロゾル粒子は
空気中を浮遊した状態で3時間以上の活性を保つ可能性があること
換気回数が大きい患者の隔離室の気中では、活性ウイルスがあまり観測されないことから
厚生労働省の推奨する換気を確実に実施すことを前提に
可能であれば、さらにできるだけ多くの換気量を保つことが
感染リスクの低減につながることが、ほぼ確実と考えられています。

 

空調温湿度の調整

これまでの研究報告では、大気中の温度と湿度によるCOVID-19の感染拡大または収束に関して
一貫した結論は見つかっていない状況です。
ですので、外気の温湿度の条件を空調条件にあてはめて室内感染の抑制を考えることはまだ難しい段階です。

実験レベルでは、温度(24~35℃)相対湿度(20~80%)が高ければ
表面の SARS-CoV-2 の活性が下がることが報告されています。


しかし現状では、室内空中におけるSARS-CoV-2に対する温湿度の影響は不明な点が多く
一般的な呼吸器系の疾病の予防には、相対湿度を40~60%の範囲に制御することが望ましいとされる基準に従って、

建築物衛生法の管理基準値を満たすことが原則となっています。
特に、相対湿度の管理基準値は 40~70%ですが
可能であれば 40~60%の範囲に制御するのが望ましいと考えられています。

【参考:公益社団法人 空気調和・衛生工学会 新型コロナウイルス対策特別委員会 提言書より】

 

有限会社平成空調工業では、江戸川区・江東区を対象にエアコン空調設備・エアコンメンテナンスを行っております。

また、現在求人も募集しておりますので、ご興味のある方は是非ご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

空調設備の仕事に向いている人は?

2020年09月18日 空調設備の仕事にこれまで従事したことがないけれど、空調設備の仕事に少しばかり興味を持っており、自分でも頑張ればできるかもしれないという方に向けて、今回は空調設備の仕事に向いている人の特徴をご紹介致しますので、参考程度にご覧頂ければと思います。

 

まずは、みんなで一緒にモノづくりをすることが好きという方。一人で黙々と作業をするのがお好きだという方は最初は多いのですが、みんなで協力しながら仕事を進める方がやはり効率は良いものです。

また、オフィスワークよりも体を動かすのが好きという方も向いているといえます。建設業のバリバリ肉体仕事というわけではないのですが、現場仕事ですので運動などをするのが苦ではないという方でしたら長期間ご活躍して頂けるかと思います。作業は複雑なものもありますので、集中力が高い人もこの仕事には適性があるといえると思います。

 

有限会社平成空調工業では、江戸川区・江東区を対象にエアコン空調設備・エアコンメンテナンスを行っております。また、現在求人も募集しておりますので、ご興味のある方は是非ご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

エアコンメンテナンスはきちんと行いましょう

2020年08月20日 エアコンを長い間使用している方でもエアコンメンテナンスなんて特にやっていないという方がいらっしゃるかもしれません。とはいえ、エアコンメンテナンスはきちんと方法を知っておかないと効果が現れません。

 

エアコンを掃除するとなると、フィルターの部分を掃除するという発想になるかと思いますが、実は他にも気を付けるべきことがあります。

例えば、夏になって冷房を激しく入れていると、エアコンの内部がどうなっているかと言いますと、水滴がたまっていることがあります。この状態を放置してしまうと、エアコン内部にカビが発生してしまう可能性もありますので、冷房をつけた後は内部乾燥をしておくようにしましょう。

 

もちろんフィルター掃除も重要です。エアコンを使う季節になるとフィルター掃除をし、エアコンを一旦使い終わるときにフィルター掃除する。その上で、しばらくエアコンの送風運転をしばらく行うと良いでしょう。

 

有限会社平成空調工業では、江戸川区・江東区を対象にエアコン空調設備・エアコンメンテナンスを行っております。また、現在求人も募集しておりますので、ご興味のある方は是非ご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ページトップへ戻る